クレジットカード現金化を即日で叶えるためのコツ【ポイントは5つ】

クレジットカード現金化を考えている時、同時に即日での現金化を求めていることも多いのではないでしょうか。
ただ、実際に即日での現金化を叶えようと思うのであれば、そのためのいくつかのポイント・コツを抑えておいた方が良いです。
それらを何も知らないで現金化しようとしたら、即日での対応が叶わなくなってしまうこともあります。
そうなったら最悪の場合、必要な現金が必要なタイミングで手元に入らないということになってしまいます。
万が一そんな事態になったら、現金化の換金率と利用額の差額分を損するだけになります。
最悪の事態を避けるためにも、以下で紹介する即日でのクレジットカード現金化を叶えるためのコツを、しっかりとチェックしていって下さい。

出来るだけ午前中などの早い時間に申し込みをする

クレジットカード現金化においては、ほとんどの業者のHPに、即日対応可能だと記載があるでしょう。
でも実際には、即日対応できないケースだってあります。
その即日での対応が難しいケースのうちの一つが、夕方や夜間の申し込みです。
当然ながら、いくら即日対応が可能だと言っていても、申し込みから1分2分で最後まで対応できるわけはありません。
だから夜間や夕方の申し込みの場合、手続きをしている間に日付が変わってしまう事だってあるのです。
確かに現金化業者のHPには、最短5分~10分で対応出来るという記載があるところもたくさんあります。
でも、それはあくまでも「最短」の話。
最短というのはベスト記録のようなものなので、常にその早さで振込が出来るという確証ではありません。
むしろその早さでの振込は、よっぽど調子が良くないとできないと考えていた方が良いでしょう。
となったら、即日に現金化を叶えるためにするべきことは見えてきます。
とにかく、出来るだけ早い時間帯に申し込みをするのです。
たとえば朝の7~8時ごろに申し込みをすれば、仮に振込手続きに6時間かかったとしてもまだ13時から14時です。
午前中に振込が完了する可能性だって出てくるでしょう。
即日での現金化ということに重きを置くのであれば、いろいろと悩むよりも、とにかく早め早めに行動するのが吉なのです。

一度利用した業者を利用する

クレジットカード現金化というのは、初回での利用時に特に時間がかかる傾向があります。
というのも初回には、身分証明書を確認したり、振込先口座をしっかり確認したりと、業者側にとってもやることが多いのです。
やることが多いとなれば、当然その分だけ振込にかかる時間は長くなってしまいます。
対してリピーターの場合、一度利用している分、スムーズに振込手続きに入れることは明白です。
どうしても「即日」で現金化したいということであれば、こんな風にちょっとの手間も減らせるようにするのがおすすめです。
ただこの、一度利用した業者を利用するということには、一点欠点があります。
それが、換金率が悪くなってしまうという点です。
ほとんどのクレジットカード現金化業者で、現金化は初回の換金率が高めに設定されています。
逆にいえば2回目以降のリピート利用については、あまり高めに設定されていないものなのです。
だからスピード感をとるか、それとも換金率をとるかは、あらかじめ考えておく必要があります。

振込時間の口コミが良いところを探す

今の時代、どんなものにも口コミがついてまわります。
それはもちろん、クレジットカード現金化業者においても同じです。
だからクレジットカード現金化を利用したいと思ったら、口コミを見て比較することも大切です。
もし即日での現金化を叶えたいと思うのであれば、当然ながらその口コミで見ておくべきは、振込時間に対しての口コミです。
実際の利用者が、どのくらいの時間に申し込みをして、どのくらいで振り込まれたのか。
ほとんどの口コミが、4時間程度で振込されたということであれば、自分が利用した際にもそのくらいの時間で振り込まれる可能性は高くなるでしょう。
逆に多くの口コミで、対応が翌日だったということであれば、自分も翌日、あるいはさらに時間がかかってしまう可能性も視野に入れないといけません。
ちょっと口コミを調べておくだけで、即日での現金化が叶う可能性がぐっと高くなりますし、即日で現金化できない業者を利用する可能性を減らすことも出来るのです。
そんな重要な口コミですが、公式HP以外のところで探すというのもポイントとなってきます。
公式HPに、少しでも印象が悪くなるような口コミをのせている業者なんてまずありません。
むしろ最短5分とか10分という表記と整合性がとれるような口コミをのせているでしょう。
そのため、あまり参考にならないのです。
もし口コミを探すのであれば、一般的な口コミサイトなどから見つけるのが正解となります。

15時30分以降の振込対応も行っている業者を選ぶ

少し前まで振込というのは、平日の15時30分を過ぎてからの手続き場合、翌営業日に回されてしまっていました。
つまり、金曜日の16時に振込手続きをしたとしても、それが反映されるのは次の週の月曜日の朝となってしまっていたのです。
しかし昨今、平日の15時30分を過ぎても、いつでもリアルタイムに振込が反映されるような銀行・口座も増えてきています。
それを「モアタイム」と呼びます。
クレジットカード現金化業者が利用している銀行が、そのモアタイムシステムに参加している金融機関の場合、15時30分以降の申し込みであっても即日で現金化出来る可能性が出てきます。
もしこのモアタイムシステムに参加していない金融機関を利用している場合、申し込みが15時を過ぎた時点で、限りなく即日での現金化が出来る可能性は少なくなるでしょう。
仮に午前8時に申込をしたとしても、15時30分までしか対応していなかったら、対応に8時間かかってしまった時点でゲームオーバーになります。
しかし15時30分以降も対応可能であれば、10時間かかったとしても即日振込できます。
ちなみに15時30分以降の振込対応を行っているかどうかというのは、多くの場合でその業者のHPの「Q&A」や「よくある質問」というコーナーに記載されています。
気になる業者のHPを見る際、15時30分以降の振込対応を行っているかというのは、まずチェックしておいた方が良いでしょう。

電話対応時間が長い業者を選ぶ

クレジットカード現金化業者には、申し込みは24時間OKと書いてあるところが多いです。
そういわれると、24時間いつでも対応してもらえるような気に、勝手になってしまうもの。
でもこの場合、24時間いつでも「申し込みが出来る」というだけで、24時間「常に対応できる」とは書かれていないのです。
実際の対応時間は、24時間ではないことも多々あります。
では、どこを見れば実際の対応時間が分かるのかというと、それはやはり電話対応時間です。
電話対応が出来るということは、その時間には確実にスタッフが稼働しているということ。
つまり、その時間内であれば振込対応も出来る可能性が高いのです。
もちろん、8時から23時まで電話対応をしているからと言って、何があっても確実に即日現金化出来る業者で間違いないというわけではありません。
場合によっては、電話対応はできていても振込対応はできないということもあるでしょう。
しかし、そもそもその時間にスタッフが稼働していないところと比べると、即日での現金化が叶う可能性は高くなります。
電話対応可能時間というのもHP上に記載されていることが多いので、HPを見る際には、換金率や15時30分以降の振込を行っているかということと合わせて、電話対応時間もチェックしておきましょう。

利用者側も頭を使って利用すれば即日現金化の可能性が高くなる

ここまで、クレジットカード現金化を即日で叶えるためのコツ・ポイントとして、5つほど紹介してきました。
ここで見てきたことをまとめると、利用する側がある程度頭を使って利用すれば、即日での現金化が叶う可能性が高くなるということです。
ある程度時間がかかることを見越して早め早めで動いたり、対応に時間がかかっても即日振込できるように、15時30分以降も振込対応しているところを利用したり。
そういうのは、少し考えたり調べたりすれば出来ることです。
そしてこれらのことは、決して調べたり、実行したりするのが難しいことではないはずです。
なので、もしクレジットカード現金化を即日で叶えたいのであれば、是非これらの事を実行してください。
そうすればきっと、自分に必要な現金が、必要なタイミングで手元に入ってくるようになるでしょう。

関連記事